2019年03月23日

【看護師国家試験】第108回看護師国家試験合格発表

第108回看護師国試合格発表_修正2.jpg

みなさんこんにちは

322日(金)に第108回看護師国家試験の合格発表がありました。



108回看護師国家試験

出願者数 64,153

受験者数 63,603

合格者数 56,767

合格率 89.3


合格基準

必修問題および一般問題を11点、状況設定問題を12点とし、

次の@・Aの全てを満たす者を合格とする。

@必修問題 40点以上/49点(正答率81.6%)

A一般問題+状況設定問題 155点以上/250点(正答率62.0%)

今回は、必修問題で「採点対象から除外する」問題が1問、

一般問題、状況設定問題で「複数の選択肢を正解として採点する」問題が

2問ありました。


東京アカデミーによる集計データでは、平均点は昨年よりも微減しており、

合格基準の点数がどの程度になるか気になっていましたが、ボーダーラインは

155点となりました。


また、第107回試験では91.0%と高い合格率でしたが、第108回試験は

89.3%と90%を下回る結果となりました。

問題の難易度によって合格基準は変動しますが、そういった状況に左右

されないようにしっかりと得点を積み重ねる力をつけることが大切ですね。

国試結果の詳細は厚生労働省HPをご参照ください

https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/goukaku.html


合格を手にした皆さん、国家試験合格おめでとうございます

4月から看護師デビューですね。

合格を手にした今の喜びと、看護師を目指すことを決意した時の初心を

忘れることなく、これからはあなたの助けを必要としている患者さんの

ために力を尽くしてください。


そして、第109回看護師国家試験を受験予定の方は、国家試験まで1年も

ありません。来年の今頃、大きな喜びを手にするためにも、東京アカデミーの

国家試験対策で来年の試験に備えましょう。



東京アカデミー長崎校では、4月以降様々なイベント、講座を予定しています。


春の無料イベント

看護師国家試験 傾向分析会

108回国家試験の傾向や、今後どのような勉強が必要とされるかについて

長崎校の人気講師がお伝えします

第110回受験者対象  

 日 時:331日(日) 11001200 

第109回受験者対象  

 日 時:331日(日) 13001400(残席わずか) 

参加費無料(要 事前予約)



春期講習会

解剖生理重要分野攻略ゼミ

解剖生理を分野ごとに、疾患や看護も関連付けながら解説します。

414() 心臓・循環器

420() 内分泌・腎臓

428() 脳・神経

512() 呼吸器・代謝

全日程 130016:10(90分×2)

受講料 1日あたり3,500

教材費(全講義共通) 1,500円(オープンセサミ@)



通学講座

土曜部 6月生

土曜日のみの通学講座です。

全科目を取り扱い、解剖、疾患、看護と、横断的な理解で確実な知識を

つけていきます。

講座期間:622()127()

2,3回程度の土曜日(全39コマ) 10001700

入会金:  5,000

受講料:95,000

教材費:  8,000円(オープンセサミ5冊、高正答率過去問題集)


いずれも講座の詳細は長崎校ホームページをご確認ください


東京アカデミー長崎校
TEL:0120-220-731
posted by 東京アカデミー長崎校 at 15:45| 看護師国家試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

【看護師国家試験】第109回試験対策 無料イベントのご案内

皆さんこんにちは
長崎校の峰です。

昨日長崎で桜の開花が発表されましたそろそろお花見の季節ですね。
去年は西海橋公園へお花見に行ったのですが、空と海と桜の風景が見事にマッチしていてとても綺麗だった印象があります。今年はまだお花見の予定はないのですが、時間がある時に行けたらいいなーと思います

さて、明日は第108回看護師国家試験の合格発表日です。
受験された方は結果が気になって仕方ない日々をお過ごしかと思いますが、東京アカデミー長崎校では発表日の2日後から早速第109回看護師国家試験対策のイベントがスタートします

解剖生理勉強のやり方ガイダンス
3月24日(日)
午前の部 10:30〜12:00(残席わずか)
午後の部 13:00〜14:30
参加費:無料

傾向分析会
3月31日(日)
110回受験者対象 11:00〜12:00
109回受験者対象 13:00〜14:00(残席わずか)
参加費:無料

詳細は長崎校HPをご確認ください。
お申込みはHP上でも可能です。

東京アカデミー長崎校
TEL:0120-220-731
posted by 東京アカデミー長崎校 at 12:55| 看護師国家試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

【看護師国家試験】第109回看護師国家試験対策 春からの勉強法

みなさん、こんにちは
長崎校の峰です。

本日は第109回看護師国家試験に向けた、春からの勉強法についてお伝えしていこうと思います

@出題基準の確認
看護師国家試験は『看護師国家試験出題基準』に沿って問題が作成され、出題されます。皆さんが受験する第109回看護師国家試験は、平成30年版の出題基準からの出題となります。
出題基準を知らない、見たことがないという方も多いかと思いますが、厚生労働省のホームページや、本試験問題集の付録として掲載されているので、試験勉強を始める前に、必ず目を通してください。
さて、まずは「必修問題」の出題基準を確認していきましょう。
3月7日の記事「第108回試験を踏まえた第109回試験への対策」でもお伝えしましたが、必修問題の出題基準の小項目269個の全てが、一般問題・状況設定問題につながっていきます。これは逆に、人体の構造と機能から看護の統合と実践までの全ての科目の中から、看護師として必ず知っておいてほしい知識・基本的な知識を集めたのが必修問題ともいえます。
春からのまだ時間のあるうちに、必修問題の出題基準の小項目について一つ一つ確認を行いましょう。基礎・基本をしっかりと身につけることが、国家試験合格の近道となります。

A解剖生理の確認
解剖生理は、皆さんが看護学校に入学してすぐに勉強した箇所です。この解剖生理は「専門基礎科目」の中の一つであることからも分かるかと思いますが、看護師として知っておかなければならない「基礎・基本」の部分です。
まずは、正常な状態を把握しておく必要があります。正常が分かっていれば、異常な状態である疾患も分かってきます。疾患→治療→看護とつなげて考えることができるようになれば、「人体」や「疾病」そしてその他の科目について理解ができるようになったということができます。
つまり、全ての土台となる解剖生理ができればそこから先の学習がぐっと楽になります。

最高学年は実習や就活、そして国家試験対策で忙しい年でもあります。国家試験ぎりぎりになって焦ることのないよう、基礎・基本を固めていきましょう

東京アカデミー長崎校では、6月より通学講座を実施します。

総合コース6月生:6月22日(土)スタート
総合コース9月生:9月7日(土)スタート
その他、総合コースの中から特定の科目のみを短期受講できるコースもございます。

講座の詳細は長崎校HPをご確認ください。

効率よく学習し、合格を目指す講座となっています。
東京アカデミーは看護師国家試験合格を目指す皆さんを応援しています。

またその他にも、東京アカデミーでは国家試験対策に関する講座やイベントを1年通して開催してまいります。
現在受付中の講座・イベントはこちらからご確認下さい

TEL:0120-220-731
posted by 東京アカデミー長崎校 at 09:00| 看護師国家試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

【看護師国家試験】第108回試験を踏まえた第109回試験への対策

みなさんこんにちは
長崎校の峰です。

先日の記事では東京アカデミーで集計した第108回看護師国家試験の採点データに基づいて、ボーダーがどうなると予想されるのかお話をしました。
平均点はほとんど変わりませんでしたが、一般問題・状況設定問題共に長文の問題が多かったり、聞かれ方が異なる問題が多くあったりと、近年の多様化する状況に対応する為の問題になっているのでは・・・と感じました。
今日は、第108回試験を踏まえて、第109回試験受験の方がこれからどのように対策をしていけば良いか、ポイントを2点お話したいと思います。

1.出題基準を確認する
国家試験の問題は全て出題基準から出題されます。
「出題基準なんてあるの?そんなのどこで見られるの?」なんて思われる方もいらっしゃるかもしれません。
過去問題集を購入されたことがある方は、問題集にほとんどの場合ついています。持っていない方でも、厚生労働省のホームページで見られますよ
出題基準の中でも特に、必修問題についてひとつひとつ確認していかれることをお勧めします。
必修問題は50問中40点を取らないといけない基本的な問題です。必修問題の出題基準の小項目は269個しかありませんし、全てが一般問題、状況設定問題に繋がりますので、無駄なことはひとつもありません。
今からならまだまだ時間がたっぷりありますし、基本的な部分になりますので、必修から始めるのは1つの方法だと思います。

2.繋げて覚える・理解をして覚える
近年の国家試験の傾向として、より臨床に近い問題が出題されているというのは聞いたことがあるかと思います。また、過去問と同じ疾患からの出題でも、聞かれ方が異なっていたり、状況設定問題でも膨大な検査データからアセスメントをしていく問題や、複数科目が統合された問題などが出題されていますので、これからの国家試験ではただ単に過去問を解くだけ、暗記するだけでは合格出来ません。
自分で考えながら理解することや、解剖→疾患→看護と繋げて理解することが重要です。
国試の勉強の際はもちろん、実習の時などでも、この疾患はどう起こるか?なぜこの処置をするのか?使う薬剤は?他に大事なポイントは?関連する疾患は?・・・などを同時に考え、自分で説明できるまで勉強していくと、たくさんの知識が付き、それらが繋がっていることで、より忘れにくく確かなものになります
ちなみに、東京アカデミーの講習会は全てそういった講義になっておりますので、機会があれば是非受講してみて下さい。より、繋げて考えることの意味が分かって頂けると思います。

最高学年は実習、就活、国試対策・・・と本当に忙しくなります。
本番前になって焦らないように、少しずつでも良いので、国試対策を行っていくことをおすすめします。

本日はブログという形で、第108回国試を振り返りながら、今後の対策方法をお話させて頂きましたが、東京アカデミー長崎校では、国家試験の傾向について、詳しくお話させて頂くイベントを開催致します。

第108回看護師国家試験傾向分析会
3月31日(日)13:00〜14:00
※同日11:00〜12:00には低学年(第110回試験受験者)向けの傾向分析会を実施します。
参加無料

先日実施された第108回の国家試験を踏まえ、国家試験の傾向や、今後の対策方法を人気講師がお伝えいたします。
第109回看護師国家試験に合格するために、まずは国試について知ることから始めてみませんか?
参加は無料となっておりますので、この機会に是非ご参加下さい。

その他にも、東京アカデミーでは国家試験対策に関する講座やイベントを1年通して開催してまいります。
現在受付中の講座・イベントはこちら(長崎校HP)からご確認下さい

TEL:0120-220-731
posted by 東京アカデミー長崎校 at 10:00| 看護師国家試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

第108回看護師国家試験「本試験Data」からボーダーについて予想!

みなさんこんにちは
長崎校の峰です。

先日の第108回看護師国家試験を受験された皆様、お疲れ様でした。
「午前問題の必修で焦った」「午後問題で迷った問題が多かった」等色んな声が聞こえてきていますが、いかがでしたでしょうか。
東京アカデミーで集計した採点データが出ましたので、第108回看護師国家試験について、データで見てみたいと思います。

東京アカデミーでは、毎年国家試験後、受験生の皆様に解答を提出して頂いています。
今年はなんと、25,036名の方にご協力を頂きました。昨年よりさらに2,000名程増えていますご協力いただき誠にありがとうございます。
国試受験者の約40%の方の解答を集計し、平均点や、問題毎の正答率を出し、本試験データを作成しています。試験受験者の4分の1以上のデータは、大変信憑性の高いデータであると、統計学的にも言われているとのことです。
国試から約10日という早い期間で、25,036名という多くの方の解答データを集計し、提供できるのは、長年国試を分析してきた、東京アカデミーだからこそです。

さて、受験者の皆様が気になっているであろう、一般問題+状況設定問題の平均点ですが、第108回試験を受験された前述の25,036名の方の平均点は、昨年の第107回試験の平均点とほぼ変わりませんでした
そのため、合格率が昨年同様91%程度であれば、ボーダーは昨年の154点前後であると考えられます。
※あくまでもデータに基づく予想です。

昨年と比較すると、必修問題の難易度は大幅に下がり、基本的な出題でした。
しかし、人体の構造と機能では難易度が高いものが数題あり、集計した採点データによる正答率も昨年に比べ大幅に下がっていました。また、フレイルやサクセスフルエイジングなどのカタカナ用語や、診断に必要なスケールも多く出題されました

全体として、一般問題・状況設定問題共に長文問題が多くなっていますし、在宅にシフトした現場レベルの出題が多く見られています。
そのため、ただ過去問のキーワードを暗記するのではなく、人体の構造をしっかりと理解し、解剖→疾患→看護と繋がりを意識していくこと、更に、読解力を高める学習が今後の国家試験では重要となりそうです。
これから国家試験を控えている方は、そういった点を心掛けながら、勉強や実習に取り組んでもらえると、国試対策にも役立ちますよ
東京アカデミーでも、国試対策のためのイベントや講習会を1年を通して開催していきますので、是非ご利用ください。

第109回看護師国家試験対策イベント・講座

解剖生理勉強のやり方ガイダンス
3/24(日)@10:30〜12:00 A13:00〜14:30
受講料無料

傾向分析会 国試スタートガイダンス
3/31(日)13:00〜14:00
※同日11:00〜12:00に第110回受験予定者対象のガイダンスも実施します
受講料無料

春期講習会
解剖生理重要分野攻略ゼミ
@心臓・循環器
4/14(日)13:00〜16:10

A内分泌・腎臓
4/20(土)13:00〜16:10

B脳・神経
4/28(日)13:00〜16:10

C呼吸器・代謝
5/12(日)13:00〜16:10

受講料各3,500円
教材費オープンセサミ@1,500円
(教材を一度購入された方は不要です)

イベント・講座の詳しいご案内は長崎校HPよりご確認ください。

TEL:0120-220-731
posted by 東京アカデミー長崎校 at 11:14| 看護師国家試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする