2019年08月19日

【大卒程度公務員科】 合格体験談〜第2談〜

こんにちは、今月から東京アカデミーでチューターを務めることになったMです。


2談では私が実際に行っていた勉強方法や教養・専門試験対策をお伝えしたいと思います。できる限り詳細まで話すため、長くなるとは思いますが、最後まで目を通して頂き、何かひとつでも為になることがあれば幸いです。

 私は、大学3年生の5月から東京アカデミーに通い始めました。当時は学園祭の運営や部活動、アルバイトが忙しく、なかなか勉強時間を作ることができませんでしたが、講義にはできる限り出席しているという状況でした。

夏休みも時間が確保できずに十分に勉強をすることができず、さすがにこのままでは第一志望の地元県庁に合格することができないと感じた私は、9月の部活動の引退と同時にアルバイトも休業という形をとらせて頂きました。

それからはほぼ毎日、午前10時には東アカに来て自習し、午後9時に帰る生活を続けていました。このとき私が心がけていたことは家では絶対に勉強をしないということです。勉強方法は人それぞれだとは思いますが、私の場合は、家で勉強をしてもまったく集中できないし、日中勉強ばかりではストレスを溜めすぎてしまうと思い、家に帰ってからはゲームをしたり好きなように過ごしていました。

とはいっても、長い期間勉強を続けるときに問題となるのが「飽きた」「だるい」「遊びたい」といったような感情だと思います。公務員試験は夏にあることもあり、自分の周りの民間の友達よりもどうしても就活の終了時期が遅くなってしまい、先ほど挙げたような不の感情を抱きがちです。ここで重要になるのが、同じ公務員志望の友人の存在です。私自身、自分の周りの友人と励ましあい、時には愚痴も言いながら日中一緒に勉強できたおかげで最終的に第一志望先に合格することができました。東京アカデミーに入学されれば、教室内にいる人は全員公務員志望だと思うので積極的に声をかけてみると良いと思います。

ではここからは具体的な勉強方法を紹介したいと思います。

まず大前提として、どんなにその日に集中して勉強をしたことも必ず忘れるということを理解すべきです。公務員試験は大学受験などとは異なり、非常に科目数が多いことが特徴だと思います。ひとつの教科に取り組んでいるうちに他の教科で覚えたことを綺麗に忘れることはよくあり、そのたびに落ち込んでいたらとても最後まで勉強を継続することはできません。

重要なのは「復習」です。

私自身、午前中から授業が始める間までは復習に時間をかけることが多かったです。新しい分野に手を伸ばしていくことも確かに必要ですが、「教科書・問題集を何周するか」が重要です。

専門分野の学習計画です。

私は経済学部だったこともあり、経済系の科目は比較的に勉強時間をかけずに点数を取れていたので、苦手な法律科目に重点的に取り組み始めました。集中的に勉強を始めた9月から翌年の2月までにはすべての法律科目で点をとることができるようになるペースで勉強しました。実際、法律科目・経済科目の二つの分野で点がとれるようにしておけば、安定した成績を残すことができると思います。

法律科目の具体的な勉強方法としては、何度も教科書や資料を見返し、判例を理解することが重要です。法律科目は範囲が広いので大変ですが、自分なりの勉強スタイルを見つけて継続して学習するといいと思います。

経済科目に関しては、江藤先生が配布されるプリントに私は絶大な信頼を持っていて、そのプリント以外にはなにもしていませんでした。

何度もプリントを繰り返し解きなおし、一度間違えた問題は次に解くときには解けるようにしっかりと復習しましょう。

このほかに私が早い段階から取組んでいた科目は政治学と行政学です。

この二つの科目に関しても非常に情報量が多く、全てを理解、暗記するには時間が掛かりすぎてしまいます。しっかりと授業に参加すれば垣内先生が要点をまとめてくれるのでその部分を理解、暗記するといいと思います。この二科目のどちらかをいわゆる捨て科目にする人を多く目にしますが、効率的に勉強しておけばあまり時間をかけずに得点源にすることができると思います。

ここで挙げたほかにも経営学・国際関係・財政学など様々な科目がありますが効率良く学習することが大切です。

教養科目の学習計画です。

教養科目の多くは高校の段階で学習してきたことが多いと思います。そのため、授業を受けているうちにある程度は内容を思い出すことができますが、それでも分からない分野は重点的に補充しましょう。

中でも、文章理解では英語や古文が含まれています。私も高校のときには解けていましたが、今現在ではよく分からないという状況になったので、一日一問は必ず解くようにしていました。アカデミーから配布される文章理解のDATA問を全て解き終わると、別で問題集を買って、解いていました。

このほかによく聞くのが「数的・判断が解けない」という声です。

教養分野で一番差がつきやすい数的と判断の点数が取れないのは確かに痛手だと思います。

しかし、重要なのは満点は取れなくても、平均点を取ることです。

私自身、数的や判断は得意ではありませんでした。しかし、だからといって長い時間その二つの勉強に時間はかけませんでした。

というのも、この二つの分野に関してはどんなに長い時間をかけて勉強をしても本番の試験でまったくもって分からない問題が出てくることがあるからです。それに加えて試験時間も短くいつまでも一つの問題に集中することもできません。なので、周りが解けるレベルの問題を確実に得点できるようにしておくといいと思います。私の周りにもいましたが、本当にまったく数的や判断の勉強をせずに試験で満点を取る人も中にはいます。こういった人たちに対抗するために他の分野、私の場合は専門科目の分野で差を埋めるようにしていました。

最後に見落としがちなのが面接練習です。

筆記試験合格後には面接試験があります。長い受験期の中の多くの時間は筆記試験合格のための勉強時間にさくとおもいます。しかし、当たり前のことですが、面接試験も合格しなければ自分の志望先には就職することができません。ですので、個人的には面接練習はやっておくべきだと思います。東京アカデミーには面接のプロの先生方がいらっしゃるので、先生方の意見を参考にしつつ、いかに面接試験本番で自分が話す事のできる内容の幅を広げることができるかが重要だと思います。また、個人的にはスマートフォンなどを利用して時事ネタを仕入れたり、地元の新聞をネットで読むなどして知識を深めるようにすることも面接対策の一つだと思います。

長くなりましたが以上の様な方法でわたしは公務員試験を乗り越えました。

一つの例として参考としていただければ幸いです。

最後まで見ていただきありがとうございました。

posted by 東京アカデミー長崎校 at 20:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

【教員採用】模試を受けずして合格は無い!?

みなさんこんにちは。長崎校の内田です。
毎日暑い日が続いていますが、皆さん体調は崩されていませんか?
夏風邪や熱中症などには注意してくださいね💦

さて、本日は2020年夏試験受験予定の方必見、東京アカデミーが自信をもって提供する「教員採用模試」のご案内です。


東京アカデミーの教員採用模試、2019年度は37,330人もの方が受験されました!
ありがたいことに大変多くの方に支持されており、来夏、教員採用試験を受験される方にはぜひ受験していただきたい模試です


なぜ、模試を受験したほうが良いのか、どうして東京アカデミーの模試は多くの方に支持されているのか…

まずは、実際に東京アカデミーの模試を受験された方の声や模試活用術をご紹介したいと思います!


『自分の現状、実力を把握するのに模試を活用』

模試を受けることで、試験の傾向に沿った問題を解くことができたため自己分析がより細かくできました。特に、自分の受験する自治体型の模試は何度も見直して暗記しました。模試までに計画的に勉強できたのもよかったと思います。私は、自分の現状、実力を把握するのに模試を活用しました。苦手なところや点数が伸び悩んでいるところを模試で確認し、次の模試までに克服できるような目標を立てて取り組みました。また、本番と同じように緊張感をもって受験する経験を何度か積み重ねることで、本番で大きなミスなく臨むことができたと思います。


本番を想定できた模試』

模試があることを意識することで、日々の勉強に手を抜かなくなりました。緊張感のある中で、60分で論作文を書くという本番を想定して模試を受けていました。マーク試験等は、終わったあとそのまま問題用紙を切り取って間違いノートを作っていました。


『苦手分野の把握と克服』

模試を受験することで、どの程度知識が身についているか、苦手な分野はどこなのかが分かり、その後の対策に活かせたのが良かったです。模試でできなかった部分、苦手な部分について、再度解き直したり、テキストを見直したりし、克服していきました。


模試結果が勉強のモチベーションに』

模試を受験してよかった点は、自分に足りない所を知れた点、判定が出て、客観的に自分の立ち位置が知れた点です。返ってきた結果を部屋に貼り、モチベーションを上げていました。また、解説が丁寧に書かれているので、全ての問題の解説を読み、テキストに転記していました。


CIMG1851.JPG

※実際の実施風景です


このように、模試は、自分の実力を測り、学習の計画を立てる上で欠かせません。
それを実現するのが東京アカデミーの模試です!!

東京アカデミー教員模試は、全国32校に及ぶネットワークで、全自治体の本試験問題を収集し、最新問題を含む過去問をもとに、出題の論点・レベル・形式・重要度・頻出度・近年の出題傾向などを経年分析し、2020年夏試験で出題される可能性の高い問題を精選しています。


また、東京アカデミーの模試の魅力は他にも…


教育時事の良問を出題!

教育時事は、多くの自治体の筆記試験で頻出であり、その理解はとても重要です。さらには、筆記試験だけでなく、人物試験においても教育時事に関する知識が問われたり、その知識があることで質問の回答に深みが増し、他の受験者と差をつけたりすることができます。東京アカデミーの模試は、そんな教育時事にも対応しています。


ポイントを押さえた親切・丁寧な解説!

受験後にすべての問題を見直し、不正解の原因を見極め、自力で解けるようになって初めて、模試受験の意味を成します。東京アカデミーの模試の解答解説書は、本試験を知り尽くした弊社講師陣らが執筆しており、重要ポイントや間違えやすい点などがわかりやすくまとめてありますので、知識の整理に最適です。


成績提供が早い!

2020年度の模試より、公開実施日後、約2週間で模試の成績を提供できるようになりました。模試の結果をすぐに反映させた学習計画を立てることができます。


自分の学力を客観的に把握できる個人成績表!

〇志望先別成績
教養試験と専門試験の受験した試験について、同一志望先受験者の中での成績を表示します。各志望先の判定に必要な試験をすべて受験した場合は、「合格可能性判定」を表示します。

〇試験別成績
教養試験と専門試験の受験した試験について、分野別・合計の受験者全体での成績を表示します。「成績バランス」に分野別の偏差値をグラフで表示します。自分の得意・不得意分野が一目瞭然です。

〇設問別成績(マークシート式)
マークシート式模試において、1問ごとの受験者本人の解答と正誤、受験者全体の正答率を示します。正答率の高い設問で誤答の場合、注意マークで警告します。

〇成績推移
受験した年間の模試の得点率と偏差値を表示します。成績の推移が一目で分かります。


これらにより、受験者の実力を正確に測ることを可能にしています!!
教員採用試験受験においては受験必須の模試です!


2020年夏試験に向けた東京アカデミー教員採用模試のラインナップはこちらです

スタート模試(教養試験)

教員採用の勉強をスタートする時期にぜひ受験していただきたい模試です。本格的に勉強を始める前に自分の実力を確認し、苦手分野を把握することができます!


全国公開模試 第1回〜第3回(教養試験、専門試験、論作文試験)

各種法改正、最新の教育時事の話題にもいち早く対応していますので、教員採用試験の出題傾向をつかめるとともに、学習状況や模試受験後の学習の指針を確認することができます。専門試験にも幅広く対応しています。


自治体別模試 ※全68自治体に対応(実施内容は受験自治体により異なる)

自治体ごとに大きく異なる出題形式や傾向を模試に反映!本試験を想定した自治体別対策の決定版です。全国どこにいても志望先の模試が受験できます。


実施スケジュール

スタート模試 2019年11月17日(日) 
第1回全国公開模試 2020年1月12日(日)
第2回全国公開模試 2020年3月8日(日)
自治体別模試 2020年4月5日(日)
第3回全国公開模試 2020年5月10日(日)


2020年夏試験に向けた教員採用模試の受験申込開始は、9月上旬頃を予定しております!
近日中には東京アカデミーHPにもご案内開始予定です



長崎校 ☎095-818-5033

東京アカデミー長崎校 教採担当:内田

posted by 東京アカデミー長崎校 at 13:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

【長崎校】台風8号接近に伴う休講のお知らせ

8月6日(火)台風8号接近に伴い、下記の講座を休講させていただきます。

初級公務員科 夏期講習1〜5限(休講)

補講日の案内は、後日会員ページにてお知らせいたします。

尚、

夜間部については、明日午後の天気状況などを検討して講義実施を決定いたします。

ご理解、ご協力くださいますようお願い申し上げます。

東京アカデミー長崎校事務局
posted by 東京アカデミー長崎校 at 16:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

民法改正攻略ゼミのご案内!

こんにちは。東京アカデミー長崎校の中村です。


以前もこのブログでご案内いたしました、8月上旬より全国各校で開催いたします公務員試験攻略イベント『民法改正攻略ゼミ』についてのお知らせです。


今回の公務員試験攻略イベントは【第1部 民法改正はチャンス(90分程度)】、【第2部 専門試験と教養試験(60分程度)】の2部構成で全150分、無料での開催となります!


1部では、民法が120年ぶりに改正、2020年度から施行されるにあたって公務員試験への影響や、攻略のポイントについて、各校で長年講義を担当しているベテラン講師がご説明いたします。


2020年度の公務員試験にどの程度影響がでるの?

以前と比べて、難しくなる?それとも簡単になる?

改正にあたって、具体的に何を対策すればいいの?


などといった疑問も、このゼミに参加して解決しましょう!


また、第2部では、専門試験アリのメリットについての説明や試験の攻略法の解説に加えて、国家公務員の基礎能力試験(教養試験)の選択肢の秘密についての耳寄り情報もお伝えします👂


今日は、なんとその国家公務員の基礎能力試験(教養試験)の選択肢の秘密についての内容を一部お見せいたします!!!


民法攻略ブログ.jpg

上表は、国家公務員試験大卒程度一般職〈試験形式が変更された、平成24年から8年分〉の正答の選択肢になり、今回は文章理解【一例】をご紹介します。


【文章理解】

選択肢正答数のシェアを比較すると、圧倒的に、選択肢4が多く、次いで選択肢3.5が多い傾向です。言い換えれば、選択肢1.2が少ないです。これは、受験生が問題を解く際、選択肢1(上)から順番に肢を見極めていくことが一般的なため、仮に、選択肢1.2の正答が多いと、短時間で解答を終えることになりますので、このような問題構成になっていると推察されます(※問題を解く時間がない場合は、選択肢35から見極めていくのも一考)。


当日は、一般知能、一般知識の選択肢の秘密も公開いたします!

今後の皆さんにとって必要な情報やノウハウ

(専門試験・教養試験)も提供しますのでぜひ、ご参加ください

posted by 東京アカデミー長崎校 at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

【大卒程度公務員科】合格者体験談〜第1談〜


こんにちは、現在東京アカデミーでチューターを務めているSです。

今回は私が行っていた教養試験対策についてお伝えします。


 私が大学3年生の5月に東京アカデミーに通い始めた当初は専門試験と教養試験の両方の対策をしていました。しかし、どこの試験を受けようか調べていくと私の志望先に専門試験を用いているところが無いことに気づき、10月ごろから教養コースへ切り替えました。その結果、半年近く教養の勉強だけに費やす時間ができたので、思い切ってコースを切り替えてよかったと思っています。


 ではここからは私の教養試験の勉強法についてお話していきたいと思います。教養の勉強を進めていく中で私が最も苦戦したのは一般知能でした。私は高校・大学と文系のコースに進んでいたので、数多くある勉強の中でも理系科目、特に数学を苦手としていました。しかし、教養試験は数学的考えを必要とする数的処理や判断空間が多くの割合を占めます。そのため、どれだけ苦手だとしてもこの一般知能を避けて通ることはできません。そこで私がどのように取り組んでいたかというと、とにかく地道に問題を解き続けることでした。まずは講義に出て講師の先生による解説を聞きます。先生方は解きやすくなるためのアドバイスや引っ掛かりやすいポイントなどを分かりやすく教えてくださいます。また、頻出度の高い問題も教えてもらえるので、初めはよく出される問題を中心に解いていけばいいと思います。慣れてきたら配付されるDATA問を何度も解いて解法をパターンとして覚えていきました。ただ、数学が苦手な人は初めから問題を見てもどう解いていいか分からない!という人もいると思うので、そのような人は解説を見て解法パターンを覚えていくことをおススメします。私も初めは全く解けずに解説ばかりを見ていました。


 次に、文章理解は毎日1問でもいいので触れておいた方がいいと思います。私は現代文が得意だったので得点源にしていましたが、しばらく長文に触れず久しぶりに文章問題を解くと思った以上に時間がかかったり正答率が低くなったりしたので、現代文か英文どちらか1問でもいいので毎日解くことが大切だと思います。


 その他の人文科学や自然科学、社会科学は講義に毎回出席し、先生方の解説をしっかり聞き、秋頃から問題を解くようにしました。やはりこれらの科目は高校までに習っていないと分からないことが多いと思うので、初めはテキストを見ながら問題を繰り返し解いて覚えていくことが一番いいと思います。


 どの教科も30分もあれば5問前後は解けると思うので、毎日続けていく上でそこまで大きな負担にはならないと思います。公務員試験の勉強はコツコツ続けていくことが大切です。週に1回は休みを作る、休まない代わりに毎日1時間は勉強をする、土日は休みにして平日と長時間頑張るなど、自分に合った勉強方法を見つけるといいのではないかと思います。今回の試験対策が少しでも参考になれば幸いです。合格に向けて皆さん頑張ってください!応援しています!!

posted by 東京アカデミー長崎校 at 21:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする