2019年08月02日

【教員採用】人物試験の評価基準について!本試験質問例のご紹介(個別面接編)!

みなさん、こんにちは

教員採用科担当の内田です。


各自治体で一次試験の合格発表が始まっています。

長崎県も本日発表なので、緊張しながらHPの更新を待っている方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

一次試験合格発表から二次試験まであまり時間がありませんので、

スケジュールを決めてしっかり対策を行っていきましょう



さて、本日は、二次で行われる人物試験についてお話したいと思います


人物試験は、自治体によって違いますが、個人面接・集団面接、集団討論、

模擬授業・場面指導などが行われています。


個人面接・集団面接

教員としての資質・能力、知識、経験などを把握し、客観的かつ多角的に

評価・判断する試験です。

具体的には、志望動機、学習指導や生活指導の基礎力があるか、教育問題への

心構えや対処法などが問われます。

評価例:教職への理解、教科等の指導力、対応力、将来性


集団討論

生徒指導に関するもの、教育時事的なもの、社会時事的なものなど、

自治体ごとに傾向があります。

評価例:積極性、強調性、主体性、論理性、表現力、態度


模擬授業・場面指導

その場で与えられたテーマや設定をもとに授業を行う場合と、あらかじめ

指導案を作成して授業を行う場合があります。

授業内容は、教科指導(対象学年、単元の指定あり)と生徒指導の2種類が

あります。

評価例(模擬授業): ・授業で身に付けたい力をおさえているか

                             ・子どものやる気を引き出す工夫ができるか

                             ・子どもへの愛情、教科に対する自分なりの思いや

                                情熱を持っているか

        (場面指導) :・授業を適切に進めていく基本的な指導技術があるか

                  ・指導内容についての基本的な知識があるか

                  ・指導のポイントやねらいが適切であるか


どの自治体でも行われる面接試験は、教職に対する熱意や意欲、能力など

「自分を売り込むチャンス」です。


個別面接質問例

 ・志望動機

 ・どのような教師になりたいか

 ・教師として必要なことは何か

 ・教育のプロとは何か

 ・ストレスにはどのように対処しているか

 ・同僚と意見が合わないとき、どうするか

 ・不登校について、どのように対処するか

 ・「主体的・対話的で深い学び」を授業でどう行っていくか。


上記の質問例を参考に、準備や練習を重ねて自分の意見を自分の言葉で

しっかり表現できるようにしましょう。


長崎校での二次試験対策講座もぜひチェックしてみてください。

詳細はコチラ→


東京アカデミー長崎校

東京アカデミー長崎校HP 

フリーコール 0120-220-731

TEL(長崎校直通) 095-818-5033

posted by 東京アカデミー長崎校 at 09:00| 教員採用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする