2019年03月04日

【大卒程度公務員】模試は時間配分だけじゃなく、解く順番も大事!

皆さん、こんにちは!

長崎校の中村です


皆さんは模試や本番の試験で問題を解くとき、どのような順番で解きますか?

順番通りに(機械的に)解いているのでしょうか?


試験において時間配分が最も大切なことは言うまでもありません。

例えば、地方上級(全国型)の教養試験において50問を150分で解く際、

時間配分を疎かにして一般知能25問に対し15分で125分もかけてしまうと、残りの一般知識25問を25分で解かなくてはなりません。時間に追われると同時に、完答できなかった問題のことが気になり始めます。

『からだ』で覚えるほかないですが、そのために模擬試験が重要となります。

本試験において、問題形式が突如として変えることはまずありません。

どのあたりにどのような種類の問題が出るか、ということを知っているか知らないかでは大きな違いがあります。時計を気にしながら解いているようでは、実力を発揮することはできません。

いかに余裕を持って慎重に解けるかが重要となります

つまり、自分の得意分野から解いて、その後余裕をもって苦手分野に取り組むべきです。


試験中に迷うこともあると思います。集中力を欠いて、自信を失うことも当然あります。

そのような時は粘らずに次の問題に取り組みましょう。そこで時間を浪費するよりは、次に進んで多くを解いた方が高得点を見込めるからです。時間配分が計画通りであれば、見直しの時間は必ず訪れます。

以上のことは当たり前のことですが、当たり前にこなすことがとても難しく、皆さんは実践できていると言えますでしょうか?

本番で最高のパフォーマンスを発揮するために、模擬試験を活用して下さい


東京アカデミーの今後の全国模試(公開実施日)の予定は・・・

39日(土)裁判所職員一般職型

321日(木・祝)国税専門官型・財務専門官型・労働基準監督官A

331日(日)国家一般職型

414日(日)地方上級型


ぜひ緊張感をもって臨んで下さい


長崎校☎095-818-5033

フリーコール☎0120-220-731

東京アカデミー長崎校

担当:中村

posted by 東京アカデミー長崎校 at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする