2014年11月30日

1500時間

 みなさんこんにちは
東京アカデミー長崎校の品川です。

 今日はこの画像からご覧ください
2014-11-17-16-10-03_photo_R.jpg
 この画像は2014年度大卒程度公務員講座の受講生O君が、一生の記念として保存しているスマホの画面です。見難いですが、画面上部に『県庁合格』と表示されていて、数字が『1316:34:32』と表示されています。

 これはiPhoneのアプリで「1000時間」といいます。行動した時間を累積していくもので、つまり表示されている数字は、受講生O君が「県庁合格」という目標に向けて学習した累積時間、つまり1316時間3432を表しています。

 期間は昨年の10月から今年の6月までの累積時間で、もちろん東アカで授業を受けている時間は除いたもので、東アカに自習に来ている時でも、トイレ、食事、友達と話す時間は、時計を止めて積み重ねていったものだそうです。

 なぜ、このような取り組みを行ったかというと、何かで「公務員試験に合格するには1500時間の学習が必要」という情報を見て、友人数名とアプリを使って勉強時間の計測を行って競い合っていたそうです。累積のルールも自分たちで作り、友人の学習時間を意識しながら受験勉強に取り組んでいった結果、目標としていた1500時間には届かなかったけど、目標の県庁合格を勝ち取ったということでした。
os.JPG
 左がO君、右が1500時間仲間のS君。二人とも見事長崎県上級行政に最終合格。他にも国税専門官や国家一般職、国立大学法人職員に合格しています。更に、1500時間仲間全員が第一志望先に最終合格しているというから驚きです。

 O君やS君達からは、公務員試験合格を目指している皆さんに、
1 明確な到達目標を立てる。(県庁合格)
2 到達までのプロセスを意識する。(1500時間)
3 仲間と共に学習する。(競い合うことでの相乗効果)
という学習法、東京アカデミーという学習環境で、是非取り組んでみてください、オススメします!というメッセージも頂きました。

O君、S君ありがとうございます。1500時間というと、単純計算で1日10時間を150日、非常に高いハードルです。なので、最低1000時間(1日5時間×200日)を目標に、来年6月の試験まで7ヶ月取り組んでみてはいかがでしょうか?

以上、東京アカデミー長崎校の品川でした。

講座の資料請求はこちらから

shiryoseikyu_over-thumbnail2.jpg

 


posted by 東京アカデミー長崎校 at 13:04| 大卒程度受験対策講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。