2019年07月10日

【大卒程度公務員】国家公務員試験:官庁訪問のルールが変わります!

みなさまこんにちは!
東京アカデミー長崎校公務員担当の中村です。

本日は国家公務員採用一般職試験(大卒程度試験)の第1次試験合格者の発表日ですね。
既に弊社通学部生の方へはご案内させて頂いておりますが、
今年から官庁訪問のルールが変わっており、概ね2014年までのルールに戻っていると言えます。

人事院のHPなどで確認されることをオススメします。

なお弊社通学部生の方でルールがいまいちよく分からない方は、
お近くの東京アカデミー各校までお問い合わせ下さい。

それでは、みなさまが最終合格を勝ち取りますことを心より祈願いたします。

TEL:0120-220-731
posted by 東京アカデミー長崎校 at 17:01| 大卒程度受験対策講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【高卒程度公務員】夏が勝負!公務員必勝勉強法➁一般知識編

皆さんこんにちは!

前回に引き続き、今回も公務員夏の必勝勉強法をご紹介いたします!
今回は、一般知識編です。
一般知識分野とは、社会科学(政治、経済、社会、時事問題)・人文学(日本史、世界史、地理)・自然科学(数学、物理、化学、生物、地学)等、知識を基にして解いていく問題です。各科目の分野が広く、一から学習(暗記)しようとすると手に負えなくなってしまいますので、学習のポイントをしっかりと押さえて効率よく学習し、点数アップを狙っていきましょう。


学習ポイント@:頻出分野をしっかりと把握する!
例えば、日本史には原始・古代〜近現代史までの時代の流れがあります。しかし、公務員試験では全ての時代から問題が出題されるわけではありません。日本史から出題されるのは各試験1,2問で、近年の試験では近現代史が頻出傾向にあります。このようにまずは各科目の頻出分野をしっかりと把握して自分に合った学習計画を立てましょう。

学習ポイント➁:過去問題をフル活用する!
学習ポイント@で述べた頻出分野を把握するために皆さんに活用して頂きたいものが過去問題です。過去の問題とは、公務員試験で実際に出た問題になりますので、過去問を繰り返し解くことで頻出ポイントを掴むことができます。

学習ポイントB:暗記分野はすきま時間を活用すべし!
とくに社会科学や人文科学等の暗記科目は、通学時間などすきま時間を活用することで効率が良くなります。すきま時間で暗記をする習慣を身につけておけば、机に向かって学習する時間は一般知能の科目や自分の苦手な科目の対策に十分充てることができます。また、自分の苦手な分野や頻出ポイントをまとめたノートを作ることもオススメです!



東京アカデミーでは「夏期総まとめ講座」で皆さんの夏の公務員試験対策学習をサポートします!
今回の学習ポイントにも出てきた頻出分野を踏まえて、教養試験の要点確認から問題演習まで行います!
また、講座期間中の「九州統一模試」実力チェックができます!

長崎校の夏期総まとめ講座は、
全日制・既卒Aクラス:7月22日(月)
現役生・既卒Bクラス:STEP@基礎コース 7月22日(月)、 STEP➁実践コース 8月16日(金)

に開講です!詳細は長崎校HPをご覧ください。

その他試験に関するご質問など、お気軽にお問合せください!
個別相談会のご予約も受付けております(日程のご相談をさせて頂く場合もございます)。


長崎校 ☎095-818-5033
フリーコール ☎0120-220-731

東京アカデミー長崎校
公務員担当:山口



posted by 東京アカデミー長崎校 at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする