2018年12月14日

【教員採用科】東アカ模試の魅力をご紹介!!

みなさんこんにちは。

教員採用科の内田です。


12月も2週間が経ち、2018年も残り少なくなってきましたね。

2019年夏実施教員採用試験を受験予定のみなさん、勉強は順調でしょうか?

順調な方も、そうでない方も、受験生なら全員必見

東アカ模試の魅力をご紹介いたします


新学習指導要領に完全対応!!

教員を志望される方にとって学習指導要領を理解していくことは、とても

大切な要素といえます。多くの自治体の筆記試験で頻出分野であり、

人物試験においても学習指導要領自体の知識やそれに基づき、どのように

実践するかなどが問われています。

2018年夏実施教員採用試験で実際に出題された問題を少しご紹介いたします!


★筆記試験(長崎県)

 次の(1)、(2)は、小学校・中学校学習指導要領(平成29年3月告示)総則の
「教育課程の実施と学習評価」に関する記述の一部である。[ 6 ]〜[ 9 ]に当て
はまる語句を後の@〜Kの中からそれぞれ1つずづ選び、番号で答えなさい。
ただし、中学校においては「児童」を「生徒」と読み替えることとする。

(1) 児童のよい点や進歩の状況などを積極的に評価し、[ 6 ]や価値を実感
   できるようにすること。また、各教科等の目標の実現に向けた学習状況を
   把握する観点から、単元や題材など内容や時間のまとまりを見通しながら
   評価の[ 7 ]を工夫して、学習の過程や成果を評価し、指導の改善や学習
   意欲の向上を図り、[ 8 ]の育成に生かすようにすること。

(2) 創意工夫の中で学習評価の妥当性や[ 9 ]が高められるよう、組織的かつ
   計画的な取組を推進するとともに、学年や学校段階を越えて児童の学習の
   成果が円滑に接続されるように工夫すること。

 @ 新しい学習内容     A 信頼性         B 生活習慣・態度
 C 正確性         D 学習したことの意義   E 技法
 F 考え方や観点      G 自己肯定感       H 場面や方法
 I 学習態度        J 計画性         K 資質・能力 

★個人面接(長崎県)

  ・主体的な学びとは何か。

      ・主体的な学びを実現するためにどんな策があるか。

  ・意欲的と主体的の違いは何か。

  ・主体的・対話的で深い学びを授業でどう行っていくか。

  ・言語活動についてどのように考えているか。


2018年夏実施の教員採用試験の出題例を見ても、これから教員を

目指す方にとって20172018年告示の新学習指導要領の理解が

必須なのは言うまでもないでしょう!


昨年度は41,660人もの方が受験した、信頼の厚い教員採用模試は

東京アカデミーだけ!

そんな魅力たっぷりな教員採用模試を20191月に実施いたします!


第1回全国公開模擬試験

【公開実施日】

2019年1月13日(日)

【時間割】

  9:30 〜   9:50     説明・マークシート記入

  9:50 〜 11:00     教養試験

11:20 〜 12:50     専門試験

12:50 〜 13:50     昼食休憩

13:50 〜 14:50     論作文試験

【受験料】

教養試験、専門試験、論作文試験 それぞれ¥2,000

自宅受験希望の方のみ受験料プラス¥500いただきます

【申込締切日】

会場受験:(窓口申込) 2019年1月12日(土)/ (WEB・郵送申込) 1月4日(金)

自宅受験:2019年1月4日(金)


WEB申込はこちらから


何かご不明な点等ございましたらお気軽にご連絡ください!


東京アカデミー長崎校

フリーコール   0120-220-731

長崎校直通TEL 095-818-5033


東京アカデミーで一緒に教員になる夢を叶えましょう



posted by 東京アカデミー長崎校 at 09:00| 教員採用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。