2018年12月06日

【看護師国家試験対策】冬期講習予約状況のお知らせ

皆さんこんにちは
長崎校の峰です。

今週末からグッと冷え込むみたいですね
寒暖差で体調を崩さないよう気をつけてください。

さて、本日は長崎校冬期講習の予約状況をお知らせします。

【冬期講習予約状況(12/6 17:00現在)】
○:空席あり △:残りわずか ×:満席

A.全科目総合3日間コース
A-長1(12/8、9、16):○
A-長2(12/26、27、28):△
A-長3(1/5、6、13):○

B.必修問題対策ゼミ
B-長1(@コース12/22):○
B-長2(Aコース12/23):△
B-長3(@+A12/22、23):△
B-長4(@コース1/12):○

C.状況設定問題対策ゼミ
C-長1(1/19成人):○
C-長2(1/20小児母性):○

D.予想問題演習
D-長1(1/26、27、2/2):○

E.社会保障関連問題最終確認ゼミ
E-長1(1/14):○

F.科目別強化ゼミ(人体)
F-長1(12/24):○

H.ザ・ファイナル
H-長1(2/15):○

徐々に席が埋まってきている講座もありますので、受講を検討されている方はお早めにお申込み下さい。
各講座の詳細は長崎校HPをご覧ください⇒長崎校国試HP

東京アカデミー長崎校
TEL:0120-220-731


posted by 東京アカデミー長崎校 at 18:00| 看護師国家試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

【初級公務員科】本試験分析から見る教養試験対策のポイント〜一般知能編〜

皆さんこんにちは!

公務員担当の中村です


『これから公務員試験対策を始めよう!』と考えられている皆様。

突然ですが、公務員の教養試験対策に関してどのようなイメージをお持ちでしょうか。

『科目数が多くて、勉強するのが大変だというイメージ』

『各科目の出題分野が広すぎて、今から勉強を始めても間に合うのか不安』

『どの科目のどの分野がよく出るのか分からないので、学習の計画が立てられない』

など、特に初めて学習する方は不安を抱えていらっしゃる方が多いかと思います。


そこで今回は皆様の学習に対する不安を払拭すべく、東京アカデミーが独自に行っている本試験分析を踏まえ、教養試験対策のポイント<一般知能編>をお伝えします!(^0^)



まず、教養試験で出題される科目を大きく分けると一般知識一般知能2つの分野があり、それぞれ以下の科目が含まれています。

☆一般知識分野:政治・経済・社会、世界史、日本史、地理、思想、文学・芸術、国語、英語、数学、物理、化学、生物、地学

★一般知能分野:文章理解、数的推理、判断推理、空間把握、資料解釈


ここで、今年度の地方初級試験の出題内訳を参考に、教養試験ではどのような問題が出題されているのかを見てみましょう!(*^^*)


【参考:2018年度地方初級(923日実施試験)出題内訳】

No.

科 目

出 題 内 容

1

政 治

日本の選挙の諸権利について

2

日本の法形式について

3

国連について

4

経 済

市場の独占化と寡占化について

5

国債について

6

社 会

日本の女性について

7

生命科学の発展による問題について

8

地 理

海岸の地形について

9

キリスト教について

10

南アメリカについて

11

日本史

室町時代について

12

第二次世界大戦後の日本の内閣について

13

世界史

18世紀、19世紀のアメリカ合衆国について

14

第二次世界大戦から1970年代のアジア、アフリカ、ラテンアメリカについて

15

芸 術

19世紀の作曲家について

16

国 語

漢字 (下線部の漢字の使い方で正しいものを答える問題)

17

故事成語 (意味が正しいものを答える問題)

18

助詞について

19

数 学

絶対値記号について

20

物 理

音波について

21

化 学

化学反応式について

22

空気について(窒素、酸素、二酸化炭素、アルゴンの説明)

23

生 物

細胞分裂について(減数分裂はどこで起こるのか等)

24

ゾウリムシとインフルエンザウイルスとスギ花粉の大きさの順(不等号)について

25

地 学

月について(月食が起こる際の月・太陽・地球の並びや、潮の満ち引き等の説明)

26

文章理解

英文 人が決断する時に、主観的になってしまうのを避けるための対策について

27

英文 健康な人の血圧について

28

英文 イギリスの学生の制服について

29

古文 源俊頼「俊頼髄脳」 貫之が馬に乗りて、和泉の国におはしますなる…

30

現代文 世界共通言語をつくることは可能か

31

現代文 他人の心について

32

現代文 最適化について

33

現代文 グローバル化と歴史について

34

現代文 新生児微笑について

35

判断推理

体育授業の種目において選択制をとっている。確実にいえることはどれか。

36

英語,国語,数学の点数の大小関係で確実にいえることはどれか。

37

9つの席にAF6人が座るとき、確実にいえることはどれか。

38

4種類のタオルをAF6人が好きな色を2つずつ選ぶとき、確実にいえることはどれか。

39

プログラムされた数字を移動させていったときに元の位置に戻るには何回繰り返せばよいか。

40

空間把握

図形を移動させたときの点Pの軌跡

41

三角形が重なった部分の図形

42

円柱に最短距離でひもを2周巻き、それに沿って切断したときにできる図形

43

27個の小立方体を積み上げた立方体があり、点ABCを通る平面でこの立方体を切断すると、小立方体は何個切断されるか。

44

数的推理

1から100までの自然数で,3で割れて7で割れない数は何個か。

45

自然数(自然数abcdeで奇数は何個か)

46

200g480円の紅茶A150g240円の紅茶B20袋買い、重さを3.6kg以上、7,800円以下で買うときのAの数はどれか。

47

平均時速3.6kmで通学しているA君がいつもより5分遅れたため平均時速4.2kmで通学し,いつもと同じ時刻に小学校に着いたとき,A君の家から小学校までの距離は何km

48

ネジをABC3つの機械を使って作るときの時間の問題

49

資料解釈

2016年の貿易額の表の問題

50

平成27年と平成28年の一般旅券の月別申請件数の折れ線グラフに関する問題


※こちらの出題内訳は、実際に試験を受けた受講生の皆様にご協力頂いた聞き取り調査により判明したものです。地方初級の試験問題は原則非公表で実施されていますが、東京アカデミーでは毎年全国の受講生の皆様へ精密な聞き取り調査を行い、地方初級等非公表問題の内訳・試験問題を再現しています!



2018年度地方初級(923日実施試験)出題内訳からも分かるように、教養試験は一部の試験を除いて一般知能分野出題数の約半分を占めています。一般知能を攻略することで試験全体の50%は得点できるということになります。

まずは一般知能のパターンを理解することが、公務員試験合格への一歩となるのです!


ここで東京アカデミーの今年度の本試験分析を見ていくと・・・

  • 数的推理:算数あるいは数学の文章題、図形問題などが出題される。頻出分野は「方程式・不等式」「整数」「確率」「割合と比」「速さ」「図形の計量」である。対策としては、上記の頻出分野に重点をおきながらも各分野の基本事項は一通り押さえておくと良い。問題の多くはパターン化されており、毎年類似問題が出題されるので、多くの過去問にあたり、短時間で正確に解けるようにしておくことで力がつく科目である。

  • 判断推理:公務員試験独特の科目で、論理的な問題、数量的な問題などの文章条件を整理し、解を導くことが求められる。頻出分野は、「論理」「順序関係」「対応関係」「位置関係」であるが、警視庁では「集合」からの出題も比較的多い。対策としては、頻出分野を中心にしながらも、基本の解法パターンを一通りマスターしておくと良い。問題を解いていく中で、問題のタイプ別による文章条件の整理の方法(表、数直線、図その他)のパターンをつかみ、どのタイプにどの解法を使えばよいか、即座に判断できるようにしておくことで解きやすくなる。一般知能の中でも判断推理は、出題数も多く、対策次第で得点源になり得る科目である。

  • 空間把握:図形を回転させたり、展開したり、切断したりしたときの様子が問われる。頻出分野は試験によって異なり、国家一般職では「立体構成」、警視庁では「立体構成」「展開図」からの出題が多くみられる。各分野の易しい練習問題で基本的な解法をしっかりマスターし、使いこなせるようにしていけば、必ず解けるようになる。苦手意識を捨て過去問に繰り返しあたっておくと、得点源となる科目である。

  • 資料解釈:数表やグラフで与えられた資料を読み取る力を試される科目である。細かい計算をしなければならないと思い、苦手意識を持っている人も多いが、慣れれば解ける問題がほとんどであるため、敬遠せずに得点源にしていこう。対策としては、グラフの問題は、読み方さえわかれば計算が不要なことも多く、短時間で解けるため、過去問でいろいろなグラフにあたって見方を理解しておくことが大切である。特に、「対前年度増加率」のグラフは間違えやすく、出題頻度も高いので必ず習得しておくこと。資料解釈は時間をかければ解ける科目なので、基礎・標準レベルの過去問に取り組み、短時間で解ける力をつけていこう。

そこで東京アカデミーでは「この冬から一般知能の学習を先取りしたい!」という方へピッタリの冬期講習を実施いたします!今回のブログをご覧頂き、公務員対策のやる気スイッチが入った方は必見です👀✨


【冬期講習 ~一般知能頻出パターン理解ゼミ~

こちらは公務員試験において超重要科目である『判断推理』『数的推理』の頻出パターンを2日間の講習で学習します。今後の学習をスムーズに進めていく為にこの2日間で出題パターンと解法を一緒にマスターしましょう!


・日時:2018年12月22日(土)・23日(日)

※各日講義の内容は異なりますが、どちらか1日のみの参加も可能です。

・定員:各日程50名

・受講料:無料

☆受講特典:参加者全員に公務員情報誌『完全ナビ!公務員』無料進呈


◆参加ご希望の方は事前に申込みが必要です。冬期講習申込書をご記入の上、長崎校まで持参・郵送・FAXいずれかの方法でご提出ください。(申込書は下記のリンク先より出力できます)

★冬期講習の詳細はこちら【各校冬期講習の案内ページのリンクを貼る】

皆様のご参加をお待ちしております!



冬期講習をはじめ、その他講座に関してご質問・ご相談がございましたら、お気軽にお問合せください。

お電話もしくは個別説明会(要予約)で対応いたします。個別説明会へ参加希望の方も事前にご予約をお願いいたします。



長崎校 ☎095-818-5033 / フリーコール ☎0120-220-731

東京アカデミー長崎校

公務員担当:中村真嘉


posted by 東京アカデミー長崎校 at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

【上級公務員科】2019年度国家総合職試験(院卒者・大卒程度)・国家一般職試験(大卒程度)日程発表!!

みなさんこんにちは

公務員科担当の中村です


本日123()2019年度国家公務員採用総合職試験(院卒者試験・大卒程度試験)および国家一般職試験(大卒程度)の試験日程などが発表されました!

総合職試験(院卒者試験・大卒程度試験)

  申込受付期間(インターネット)    3月29()9:00〜4月8日()

  第1次試験日                 4月28()

  第1次試験合格者発表日         5月10()

  第2次試験日(筆記)           5月26()

  第2次試験日(政策課題討議・人物)    5月28()〜6月14()

  最終合格者発表日                6月25()

 (※ 院卒者試験(法務区分)及び大卒程度試験(教養区分)は別途秋に実施)


◎一般職試験(大卒程度試験)

  申込受付期間(インターネット)    4月5日()9:00〜4月17()

  第1次試験日                 6月16()

  第1次試験合格者発表日         7月10()

  第2次試験日(人物)             7月17()〜8月2日()

  最終合格者発表日                 8月20()


なお、これらの試験に係る試験情報の詳細(受験資格、試験種目、試験方法、申込方法等)及び上記以外の2019年度国家公務員採用試験の日程については、2019年2月1日に人事院ホームページ「国家公務員試験採用情報NAVI」(http://www.jinji.go.jp/saiyo/saiyo.htm)」に掲載される予定です。


この人事院ホームページ内の「国家公務員試験採用情報NAVI」で国家公務員試験の試験日程、採用情報、説明会・セミナー案内などの最新情報を得ることができます。国家公務員試験受験を考えている方は、ぜひ活用していきましょう。


posted by 東京アカデミー長崎校 at 18:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。